アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

節税

日本国民は、税金を納めることが、憲法によって定められています。
また、個人の国民個人のほか、法人などの経済活動を行う企業も課税の対象となります。
税金は、安全で安心な国を作るために、国家の大切な収入源になります。
税金などによって集められた資金をもとに予算を組み、さまざまな政策が行われます。
一方で、国民は自分たちの生活を営む必要があります。
そのため、税金を支払いつつも、出来るだけ費用を削減しようとします。
そのため、さまざまな節税対策が行われます。
具体的には、経費に計上したり、控除制度などを利用することによって節税対策をします。

・節税
節税の方法には、控除制度を利用するなどのほかに、保険を利用することもあります。
企業であれば、逓増定期保険などを利用して、税金対策をすることもあります。
基本的には、支払う税金の額を減らすことを目的としますが、脱税をしないように注意する必要があります。
脱税は、所得隠しなどを行ったり、違法な会計計上などによって、納めるべき税金を支払わないことをいいます。
憲法違反になり、罰せられたり、企業活動が継続できなくなることなどがあります。
そのため、ルールに則った税金対策をすることが求められます。

・逓増定期保険
逓増定期保険は、保険期間満了までに保険金が徐々に上がっていく保険のことをいいます。
一般的に、逓増定期保険では、保険金額が5倍まで増加します。
満期になると保険金を受け取ることの出来ない、掛け捨て保険です。
また、解約返戻率が短期間で高率になることが特徴として知られ、企業などで退職金のために加入することもあります。
また、財務強化対策や節税としても利用されます。

関連リンク

逓増定期保険で節税をするならこちらに相談してみましょう【保険で節税対策.com】